Vulcanの日記でタグ(キーワード)『 書籍紹介 』が指定されている記事

『上杉謙信』咲村観(2)

「もっともに存じます。しかし殿は、筋目を重んじ慎重にことを運ぶ性質ゆえ、信玄や...
[記事を読む] /

『上杉謙信』咲村観(1)

本書は、経営における心構えに通ずるものがちりばめられており、歴史小説というよりビ...
[記事を読む] /

『戦国の軍師たち』堀 和久

昨年の晩秋、弟に「黒田官兵衛の生き様に感化された」旨を伝え、次は「上杉謙信を読ん...
[記事を読む] /

『豊饒の海』三島由紀夫

ようやくのことで『豊饒の海』全4巻を読み終えました。 唯識の知識も乏しく、全編を...
[記事を読む] /

最近のちょっとした悩み

ここ数週間、ブログの更新が途絶えております。主に仕事が忙しいというのが理由ですが...
[記事を読む] /

『中世騎士物語』ブルフィンチ

フレパ仲間のたんたん氏から、私がVulcanと名乗っていることをきっかけに、ブル...
[記事を読む] /

『あなたが知らなかったギリシャ神話』ミヒャエル・ケールマイアー

私のハンドルネームであるVulcanは、Kawasakiのバイクの名前『Vulc...
[記事を読む] /

「導かれているな」という感覚

ここ数ヶ月、時々私は、何かの力に「導かれているな」という感覚を味わうことがありま...
[記事を読む] /

『進化し続ける経営』北尾吉孝

本書は、北尾氏の十八番である『経営』に関する書であるため、内容は非常に充実してい...
[記事を読む] /

『中国古典からもらった不思議な力』北尾吉孝

本書の目的は、『はじめに』に書かれた以下の文章から読み取れます。 本書は、中国古...
[記事を読む] /

『人物をつくる』北尾吉孝

先日、会社の書庫を整理していましたところ、北尾吉孝氏の『人物をつくる』が出てきま...
[記事を読む] /

『新・日本の経営』と『日本の経営』

先日、ジェームス・C・アベグレン氏の『新・日本の経営』について、簡単な感想を以下...
[記事を読む] /

カラマーゾフの兄弟

1879年(58歳) お勧め度☆☆☆☆☆ 出展:新潮文庫、原 卓也訳 ...
[記事を読む] /

スタヴローギンの告白

1872年(51歳)の作品 出展:新潮文庫「悪霊」、江川 卓訳 ...
[記事を読む] /

悪霊

1872年(51歳)の作品 お勧め度☆☆☆ 出展:新潮文庫、江川 卓訳 ...
[記事を読む] /

弱い心他

弱い心、人妻と寝台の下の夫、正直な泥棒、クリスマスと結婚式 1848年(27歳)...
[記事を読む] /

スチュパンチコヴォ村とその住人

1859年(38歳)の作品 お勧め度☆ 出展:「ドストエーフスキイ全集 第2巻...
[記事を読む] /

百姓マレイ

1876年(55歳)の作品 お勧め度☆ 出展:「世界短編名作選(ロシア編)」新...
[記事を読む] /

白痴

1868年(47歳)の作品 お勧め度☆☆ 出展:新潮文庫、木村 浩訳 ...
[記事を読む] /

永遠の夫

1870年(49歳)の作品 お勧め度☆ 出展:新潮文庫、千種 堅訳 ...
[記事を読む] /

罪と罰

1866年(45歳)の作品 お勧め度☆☆☆☆☆ 出展:新潮文庫、工藤精一郎訳 ...
[記事を読む] /

二重人格(分身)

1845年(24歳)の作品 お勧め度☆ 「二重人格」は人格の二重性を追求した文学...
[記事を読む] /

賭博者

1866年(45歳)の作品 お勧め度☆ ドストエフスキーを読まれるならば、「賭...
[記事を読む] /

地下室の手記

1864年(43歳)の作品 お勧め度☆☆☆☆ 出展:新潮文庫、江川 卓訳 ...
[記事を読む] /

死の家の記録

1862年(41歳)の作品 お勧め度☆☆☆☆☆ 出展:新潮文庫、工藤精一郎訳 ...
[記事を読む] /

貧しき人びと

1845年(24歳)の作品 お勧め度☆☆☆☆ 出展:新潮文庫、木村 浩訳 ...
[記事を読む] /

白夜

1848年(27歳)の作品 お勧め度☆☆☆ 出展:角川文庫クラッシックス、小沼文...
[記事を読む] /